ラジアントシステム
ラジアントシステム
ラジアントシステム(特許取得済み)

ラジアントシステムはハウス栽培の地中深さ60cmに細い放熱パイプを埋設し、灯油ボイラーで温めた液(夏期は最高80℃、冬期は最高50℃)を循環させ、土壌を加温します。

 

土壌熱消毒

夏にはハウスを閉め切り、太陽熱と放熱パイプの加温との併用により7~15日間で深さ80cmまでの土壌全体を45℃以上に加温し、土壌消毒を行います。

 

収穫増大

冬には放熱パイプにより地中暖房を行います。温風暖房機のみでは地温を上げることは出来ませんが、地中暖房では気温とは別に地温を制御することにより微生物の活性化、根の生育の促進、栽培期間の延長で農作物の収穫が増大します。

 

かんたん・安全

放熱パイプは深く埋設されますので、耕運機により放熱パイプが破損されることもなく、一旦埋設すれば掘り起こされることはありません。

深さ60cmの土壌に蓄熱されますので、万が一ボイラーが一週間程度故障しても作物に被害はありません。

栽培する地域や作柄に適したお好みの地温を簡単に設定することができます。その操作は極めて簡単です。機器の管理をほとんど必要としません。

さらにオプションで、大きいハウスで畝ごとに異なる地温とすることや、プログラムタイマーによる細かい管理を行うこともできます。

ラジアントシステム紹介図
アサヒ豊作物語
アサヒ豊作物語
豊作物語

アサヒ フードアンドヘルス株式会社

豊かな自然と土地に恵まれた東北は、我が国のこれからの食糧基地としてますますその重要性が増してくるでしょう。

安全・安心な農作物の生産に不可欠な肥料”豊作物語”というアサヒビールの全く新しい発想から生み出されたビール酵母で作られた肥料をご紹介しましょう。

この肥料を使うことで、植物自身が持つ免疫力を高め、病気を抑えるということで、植物が元気に育ち、収穫量の増加にもつながります。

ビール酵母はビタミンB群やアミノ酸、ミネラルなど栄養価が豊富で、これまでにも健康食品として利用されてきました。


LED照明で省エネ
LED照明で省エネ LED照明で省エネ

クールビズやウォームビズが実施される近年、電気使用量の削減は大きな課題となっています。

超寿命のLED照明で省エネを目指しましょう。

LED照明は従来の3倍以上となる、約40,000時間の長寿命を実現し、照明交換の手間を省きます。

消費電力も従来の3/1ととても少ないため、電気料金とCO2排出の削減が可能です。

有害物質を含まない素材で作られているため、地球に優しい照明となっています。

お客様のニーズに合わせてご提案します。